ご家庭で楽しく気軽に省エネ・節電ができるようエコに関する情報を提供します。

石川県の取組

冬の省エネ・節電アクションプラン


冬の省エネ・節電アクションプランの抽選・景品の発送について
今冬の「いしかわ家庭版環境ISO」に多くの方にご参加いただき、ありがとうございました。
平成29年3月10日(金)に、公益社団法人いしかわ環境パートナーシップ県民会議にて、抽選会を実施しました。
 なお、当選者の発表はプレゼントの発送をもって代えさせていただきます。



暖房器具を多く使う冬場は電気の使用量が増加します。
強化期間中、省エネ・節電アクションプランに取り組んだ方を対象に抽選で景品をプレゼントします。


応募方法 

手順1 冬の間に実践する省エネ・節電などの取組項目を選ぶ

<取組項目はページ下部をご覧ください>
・省エネ・節電に関すること(8つ以上)
・省資源に関する事(3つ以上)
・ゴミの削減に関すること(3つ以上)

手順2 成果を報告する

強化期間(12月、1月、2月)のうち1か月分の取組成果を報告する
<成果報告はこちらのページから>

プレゼント一覧 

成果報告をした方を対象に抽選でエコデザイン賞受賞製品などをプレゼント 




※エコデザイン賞とは

省エネ・節電に関すること(8つ以上) 

□ 人のいない部屋の照明やテレビを見ないときはこまめに消す
□エアコンを使うときは、扇風機などで空気を循環させたり、無理のない範囲で早めのスイッチオフを心がける
□ 家電の温度設定などは適切に設定する
(例)<エアコン>室温の目安20℃
   <冷蔵庫の温度>「低」
   <テレビの輝度>「明るすぎないように」
   <トイレの暖房便座>「低」
□冷蔵庫にはものを詰め込みすぎず、扉を必要以上に開閉しない
□部屋を片付けてから掃除機をかける
□お風呂は冷めないうちに続けて入り、なるべく追い炊きをしない
□いしかわの里山里海でとれた地元産の食材や体を温める根菜類を選ぶ
□家族で1つの部屋に集まって鍋を囲んだり、みんなで飲食店や銭湯に出かける(ウォームシェア)
□電気ポットや炊飯器の保温は控え、その都度、沸かしたり、電子レンジで温める
□厚手のカーテンなどで熱が逃げるのを防ぐ
□二重サッシや内窓を設置して、断熱効果を上げる
□自動車を運転するときは、ふんわりアクセルを心がける
□ガスコンロの炎は大きすぎないように調整する
□自動車を使わず、公共交通機関や徒歩で外出する
□エアコンや掃除機のフィルターは定期的に清掃する
□白熱電球をLED電球や電球型蛍光ランプに付け替える
□電気使用量を定期的に確認する
□電子レンジで野菜の下ごしらえをする
□省エネ型の家電製品に買い替える
□太陽光発電など再生可能エネルギー発電を導入する
□こたつや湯たんぽなどの部分暖房を上手に取り入れる

省資源に関する事(3つ以上) 

□ 詰め替え商品やばら売りの商品、いしかわ版CO2削減活動支援ロゴマーク商品などを選ぶ
□ 手洗いやシャワーをするときは、水を流しっぱなしにしない
□買い物をするときは、マイバックを持参する
□洗濯物はまとめ洗いをする
□お風呂の残り湯を洗濯などに利用する

ゴミの削減に関すること(3つ以上) 

□ご飯やおかずを残さず食べる
□ゴミの分別を徹底し、市や町のルールにしたがって資源ゴミを分けて出す
□外出するときは、マイ水筒をもって出かける
□生ゴミは、水切りをしてから捨てる
□調理方法を工夫して、調理くずなどゴミを減らす。(エコクッキング)
□リサイクルショップやフリーマーケットを利用する
□コンポストでたい肥を作る